妊娠超初期に、妊娠と知らずにアルコールを飲んでいても、基本的には問題ないことが多いので安心しましょう。

f:id:saplix:20170506102000j:plain

 

そもそも妊娠中にお酒を飲むと胎児に影響が出る理由は、胎児が母親の血や胎盤から栄養を受け取り、血液を受け取って成長している場合に、アルコールの成分が体内に入るとよくないからです。

 

母親の体は大きいので、ある程度のお酒であれば問題なく体内で処理できるのですが、血中のお酒濃度が高くなると、胎児の小さな体にとってはお酒の飲みすぎになってしまいます。

 

その上、まだ毒を排出する機能が未熟なので、完全にお酒の成分を排出するのに母親の何倍も時間がかかります。これにより、胎児がおなかの中で中毒状態になり、大切な器官を作っている最中の場合には、体の形成において悪影響を与えてしまうのです。

 

ですが、妊娠超初期であれば、まだ胎児にもなっておらず、受精卵が胎盤に着床し、胎児はまだ卵の中の栄養で生きている可能性が高いです。このような段階では、母親からの影響を受けにくいので、知らずにお酒を飲んでしまっていても、まずはあまり心配はないとされているのです。

 

ただし、100%胎児に影響がないとは言い切れません。妊娠活動をしている人、妊娠したい人は、「もしかしたら妊娠しているかもしれない」という時期にはお酒を控えるようにしておくと、心配ないでしょう。

 

すでに飲んでしまっていても、まずは赤ちゃんの生命力を信じて、元気に大きくなって、心臓を動かしてくれるのを待ちましょう。